マニフェスト

産業廃棄物を委託処理する場合はマニフェストで管理することが法律で義務づけられています。

マニフェストの記入方法

産業廃棄物とマニフェストの流れ


業者から業者へ、産業廃棄物とともにマニフェストを渡して行きます。
排出事業者は、それぞれの処理終了後に、各業者から処理終了のマニフェストを受け取ることで、委託内容どおりに廃棄物が処理されたかが確認できます。

マニフェストの保存義務

排出業者はA票・B2票・D票・E票を、収集運搬業者はB1票・C2票を、処分業者はC1票をそれぞれ5年間保存する義務があります。

マニフェストの確認義務

排出業者は、委託業者からB2票・D票・E票が返送されてきたら、保管していたA票と照合し、委託契約書どおりに処理が行われたかを確認します。


マニフェスト交付日から90日以内にB2票・D票が、180日以内にE票が返送されない場合は、委託した廃棄物の状況を把握し、適切な措置を講じて、都道府県知事等に報告する義務があります。